Buried Deep in Books

洋書と英語についてつれづれと語るブログ。超個人的な感想文載せてます。

Seventeen 読了

f:id:noririn148:20200629092101j:plain



併読しながら少しずつ読んでいたこちら↓の本、今日の朝早起きして残り150ページを一気に読んじゃいました。

 読了直後の感想としては、やはり面白かった、の一言に尽きます。小説家になる前に12年の報道記者としての経験があったと言うだけに、日々の報道をめぐる社内、部署内での駆け引き等は力強く描かれており真実味に富み、スリリングで読み応えがありました。

なかなか新聞が出来上がるまでの裏側というものを垣間見ることが出来ないので、まぁ何となくchaotic なんだろうなとは想像はしていましたが、それを実際時系列を追って疑似体験できたのは興味深かった。墜落事故から1週間の新聞記者たちの奔走を追いかけた「クラマーズ・ハイ」の英訳本。確かにこの本には全編においてそのハイな状態、一種の「熱に浮かされた感じ」というのは伝わってきました。

それと同時に、この本は単純なサクセスストーリーでも無い。一匹狼のベテラン記者が墜落事故報道デスクに任命され統率を取ることになり、挫折も無く日々説得力のある新聞を作り上げるーそういう単純な話でもないです。挫折や諦め、怒り、後悔、そして自分の能力に対する疑心暗鬼など、様々な感情を主人公を通じて描き出し、作者のテーマのひとつ(と勝手に私が想像していますが)であろう組織内の力関係、政治的目論見、そういったものをうまく盛り込んで読み応えのある人間ドラマに仕上がっているな、と私個人としては感じました。

主人公も完璧でスーパーマンとは程遠く、息子との関係はうまく行ってないし親友は植物人間になった挙げ句他界。いわゆる後悔という「荷物」を背負ったまま登り続けてきた、そういった人物です。よって物語が一層人間味を帯びてくる。

個人的にはSix Fourには少し見劣りしますが、これはこれで非常に面白かったです。
こちらの本は実際に起きた日本航空123便墜落事故を舞台にしているので、余計にこう入り込んでしまったというか。。。読みながら当時の動画をYouTubeで探したり事故原因説明動画とか見ちゃったりしましたしね。。。事実もきちんとドラマ仕立てすぎることなく誠実に盛り込んであって、その点でも納得の1冊でした。評価は⭐4つ!

f:id:noririn148:20200620121520p:plain

(以下は英語版感想文)※私は基本英語での感想文を先に書くので、日本語感想文で反映し忘れたことが含まれていることがあります。ご了承のほど!

Strong, compulsive read from Hideo Yokoyama originally titled as "Climer's High" when it was first published in Japan.
This book, set against the backdrop of the catastrophic Japan Airlines Flight 123 crash happened on August 12, 1985, brilliantly conveys the sense of numbness and exhilaration through the main plot of a local newspaper scrambling to cover the deadliest single-aircraft accident in aviation history.

Yokoyama's background as a veteran investigative reporter for a local newspaper must have played a significant role in infusing a great deal of authenticity and credence into crafting this story. His prose is as strong and solid as ever, while it's devoid of over-dramatization, it still managed to generate an exciting, tension-laden drama which kept me on pins and needles down to the last page.

Politics and power-game seem like one of his recurring themes in his novels. Just like Six Four, I witnessed a lot of power-struggles and political factions running in the organization.
It's actually small-wonder; politics is present wherever power exists and it's a constant uphill battle to get what you want. In this book, it is portrayed through the depictions of who gets the final say on the layouts and who holds the power to make or kill of incoming manuscripts for the next day's paper.

Rage, enthusiasm, self-doubt, second-guessing, and regrets.
These emotions are skillfully interwoven through the main character, Yuki's perspective and his inner turmoil and conflicts made this book truly a riveting, immersive read.

This is not a book where a roving reporter who all of a sudden handed down an authority to oversee the entire JAL Crash coverage scores a raging success with no setbacks. He is constantly inundated with critical decisions to make, and assailed by the sense of defeat and regrets when opportunities slipped away from him for not being able to fierce and savage enough to brush away his conscience.
This may not make him suitable for a managerial position, but I maintain such his character makes him more human and authentic, consequently turned this book a convincing, compelling read.

As this story is based on the actual aviation catastrophe, it hit close to home for me even more.
The accident happened when I was a mere child but I still remember the next day's front page on newspapers and the constant stream of news reports of the crash.
This book made me revisit and relive those seven days after the accident and gave me a glimpse of what went behind the newspaper coverages back then, as well as the efforts and scrambles that went into publishing a paper that's been delivered to our doorstep each morning.

An unforgettable week in August 1985 that changed the course of numerous lives and families.
The pursuit of truth and respect by local newspaper reporters and editors.

Genuine, exhilarating, and gripping human drama from Hideo Yokoyama.
This book pales a bit in comparison to Six Four, but I still enjoyed reading this book tremendously and this book will surely stay with me for a long, long time.

お引越し完了しました&最近読んでいる本

f:id:noririn148:20200619175233j:plain

6/15のブログツアー用の感想文アップを最後に、とりあえず英文洋書ブログの方では正式に「ブログ閉じますよー」ポストをアップ、いよいよお引っ越し準備開始となりました。

続きを読む

洋書ブログ終了ー最近読んでる本

f:id:noririn148:20200613085719j:plain

今日は朝っぱらからの投稿です😊 土曜日の朝。天気が崩れがちで朝から雨がしとしとと降って読書日和だなーという感じ。雨と本は相性がいいってよく見かけますよね?

はどっちでもいいのですが← 今日は近況報告がてら、最近読んでいる本について綴ってみようかなと思いました。

続きを読む

ブログツアー卒業&久々にBuddy Read!

f:id:noririn148:20200527164439j:plain

(写真と本文は何の関係もありません←)

そうなんです。去年の6月下旬くらいから徐々にブログツアーに参加し、感想文を決められた日にポストすることを条件にレビューコピーを無料で頂いていたわけですが、なんだかんだ言いつつ80本以上こなしてきた結果、今引き受けている分の残り16本を最後に今後はブログツアーを引き受けないことにしました。

続きを読む

断念しちゃいました。。。

こちらではご無沙汰しております。久々の洋書についての感想ポストです。

ご存知のとおり、普段は英文洋書ブログのほうで感想を書いておりますが、今回は、諸事情ありましてあちらで感想を述べるわけにいかないので(少なくとも今は、ですね)変わりのこちらでぶちまけようじゃないかという魂胆です。(つまりranting ってことですね😇)

ということで、普段あっちでやっていることをこちらでやるので少々長くなりますし愚痴っぽい感じになりますが、お時間の許す限りお付き合い下さいませ(いい迷惑だw)

続きを読む