Buried Deep in Books

洋書と英語についてつれづれと語るブログです。超個人的な感想文載せてます。

The Husband's Secret 読了

随分読み終えてから間が空いてしまいましたが、先々週か先週か、こちらを無事に読み終えました。 

The Husband's Secret: From the bestselling author of Big Little Lies, now an award winning TV series

The Husband's Secret: From the bestselling author of Big Little Lies, now an award winning TV series

 

こちらは3人の女性を巡るストーリーで、主要登場人物のCecilia がベルリンの壁に執着している娘のために自分が持っていたベルリンの壁の欠片(と思しきもの)を取りに屋根裏に上がり、ひょんなことから主人が何年も前にしたためたCecilia宛の手紙を発見するところから始まります。

夫のJohn-PaulがCeciliaに宛てた手紙の封筒には「僕が死んだら開けてくれ」と書かれており、それ以来Ceciliaの頭の中はJohn-Paulが浮気しているのではないか、夜の営みが全く音沙汰なくなったのは浮気のせいなのか、と疑惑が駆け巡り悶々。

その頃もう一人の主要人物、Tess は夫のWillが親友であり従姉妹であるFelicityと恋に落ちたと打ち明けられ驚愕。まだベッドを共にしてはおらずプラトニックな関係ながら、お互いを想う気持ちの強さは一目瞭然で茫然自失のTessは足首を骨折した母親の世話を口実に息子を連れてメルボルンからシドニーへ。

3人目の主要人物、Rachelはというと28年前に娘を何者かに殺され、いまだその傷から立ち直れていない。癒えぬ傷に追い打ちをかけるように、息子夫婦が唯一の心の拠り所だった孫のJacobを連れてニューヨークへ引っ越すと言い出し、精神的に大きなショックを受ける。そんなある日、古いビデオを再生したRachelは娘を殺した真犯人を突き止める鍵を見つけるが。。。

John-PaulがCeciliaに打ち明けようとした秘密は何なのか? Tessの結婚生活はこのまま破綻してしまうのか? そしてRachelは望み通り娘を殺した真犯人を突き止めることができるのか?

 

この本は上述の3人の女性の物語、サスペンス、ミステリー要素も上手に絡み合わせながら綴られていきます。

以前この本はオーディオブックで聴いたことがあり、その際はナレーターの大げさな芝居がかった朗読やおばちゃん声がどうにも合わずDNFしましたが、目読書でトライした結果、時間こそかかりましたが一旦手に取って読み始めるとすぐに引き込まれ、無事に読み終えることができました。5つ★をあげましたね、この本には。

まず一番の感想は、ライティングに力がある。変にドラマチックな演出とかそういうのじゃないんですよ。でも一旦読み始めたら読者を引きつけて離さない、そんな力があるんです。キャラクターの感情の起伏などもテンポよく上手く表現されていましたし。
特にJohn-Paulが隠していた「秘密」が発覚した後のCeciliaの心情表現は見事で、一分一秒ごとに移り変わる彼女の感情の動きが鮮明に表現されていました。
珍しくこの本の中には「このキャラ嫌い。同感できない」という登場人物が一人もいませんでした。私自分自身がウジウジするタイプじゃないので、女々しい表現とか悲劇のヒロイン的な表現とかされると嫌気が差してしまうタイプ(だから基本women's fiction に対しては評価や好き嫌いが激しい)なのですが、この本ではそのようなことは一切ありませんでした。むしろ、この3人の女性は一体どうなってしまうのか、別れるの?別れないの?それとも新しい関係に賭けてみるの? 秘密をばらすの、隠したまま生きていくの? そんな部分に最後までジリジリしながら読んでしまいました。

3人の女性が全く別の地に住んでいる全く他人のようで実は繋がっている(いく)ところも上手いな、と思いました。つかず離れずの微妙な関係。特に「夫の秘密」が発覚してから主要人物3人のうち2人はなんとも悩ましい「繋がり」ができてしまい、それに対してどういう行動を取るのか、どのような決断を下すのか。前述したとおり「彼女」の気持ちが分刻みで変化していくので、最後30%くらいは一気読みした記憶があります。

また、この後半30%からがまた急展開。なんとも皮肉な展開になるのですが、これもまた上手いなぁと思いながら最後まで一気に持ってかれました。
思えば物語の組み立て方、展開の仕方もうまいんですよね。「夫の秘密」が明らかになるのは後半にさしかかるか差し掛からないかくらいの割と早い展開。「え、あと半分以上あるよ?」と戸惑ったのですが、そこからの「妻の心の動き・悩み」の描写が上手い。妻の揺れる気持ちを描くことでやきもきさせられながら終盤に差し掛かり、そしてそこから運命の歯車が狂い出しまさかの展開。そして一気に集結に向かいます。ネタバレになるのであまり書けませんが、はぁー、因果応報とはこういうことなのかしら、とでも言っておきましょうか。

その後、3人の女性がそれぞれ自らの人生を受け止め、新たな一歩を踏み出そうとするのを描いたのも見事だったと思いますが、卓越していたのはエピソード!
このエピソードは圧巻でした。これ以上の締めくくり方は無かったでしょうね。久々に読んだあとしばらくぼーっとしてしまう、book hangover 状態を味わいました。なかなか次の本が決められなかったです。ほんとに。

まだ読んだことが無い方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひお手に取って見てください。
Chick Lit というかwomen's fiction ジャンルに当たりますが、読んで損はない。これは絶対当たりのページターナーですよ。激押しの1冊。

ちなみに下↓の英語版が読了直後の素直な気持ち、言いたいことを全部網羅したもので、この日本語版は後付けです(基本英語で先に感想文を書くので)。よって私の本当の感想に興味がお有りでしたら例のごとく長いですが英語版をどうぞ(∩´。•ω•)⊃ドゾー

 

 

Although I read this book over the span of 10 days, kind of on and off, I found this book incredibly powerful, addictive, and compelling. This book pulled me into the story right off the bat whenever I picked it up, it was truly difficult and required a strong willpower to put it back down. I didn't expect this book to be THIS GOOD.

The writing is gorgeous, breezy, yet as I previously mentioned, packed a prominent punch. While I must admit I am still a fledgling bookworm with only a couple hundreds of books under my belt so far, I haven't come across a book that gripped me so strong to the extent of making my heart squeeze and tightened, almost suffocated with heavy feelings that come from the weight of the "husband's secret."

I was initially expecting the secret to be revealed around at least halfway through the book; I never expected the revelation to come in an early stage of the story. For that reason, this book took me by surprise but the revelation certainly knocked the breath out of me and made me cry with surprise and shock. Oh, my... what a secret to bottle in! Saying I was flabbergasted would be totally an understatement.

At the same time, I found the author is undeniably clever for interweaving the three women's stories and making the connections between them. I least expected that those three women's paths would cross, but that certainly made the story much more riveting and fascinating. Each woman has their own concerns and issues regardless of its significance, and the author displayed her prowess in depicting them with her superb writing, adding a lot of depth to it. I got so invested in all of them, I could totally relate to their emotions. (I forgot to mention how emotive the writing is; another credit to the author!)

That said though, among everything, what really struck me is the weight of "the secret" and its ripple effect.
Like I said, the secret is nothing other than a bombshell. I bet it'll shock you and make you gasp with surprise. But what left a lasting impact on me is the agony from being a holder/keeper of such secrets. The author did a brilliant job of describing the angst of the secret holder and how the holder's thoughts teeter one end to the other in a split second. Most importantly, how the significance and price of the secret eventually come home to roost, bouncing back to "the inflictor." As I got closer to the end, probably in the last 20%, I started to sense what's going to happen, I could see it coming miles away. But even with the predictability, the ripple effect which is somewhat akin to the idea of Karma, sufficed to entertain me till the end and literally wowed me.

The depictions on how each character picks up the pieces and comes to terms with the bitter past to move on was another delectable part of this book. Quite honestly, I didn't expect this book to be suspenseful and laden with heaviness to this level. I was underestimating this book, thinking this is another women's fiction in which a broken-hearted woman gets granted a second chance and start over with a clean slate kind of thing.

Let me tell you this; it's far from it.

I have a checkered past of DNFing this book once, grossed out by the over-acting narrator (I was listening to the audiobook back then), but I did a complete 180 on this book. I was totally sold.
This is such a gem. Really delectable, delicious read to sink your teeth into. Take the Epilogue for instance; it was mesmerizing.

If I could, I would definitely shove this book to the next person and urge them to read it.
Putting aside your skepticism and just pick this one up. I'll bet you won't regret.