Buried Deep in Books

洋書と英語についてつれづれと語るブログです。超個人的な感想文載せてます。

Peach Cobbler Murder 読了

ほかの本に手を出すもやっぱりこのシリーズに戻ってきちゃうわよ、ということで先週日曜日に読み終えましたのはこちら。

こちらはシリーズ7作目で、今回のお話のメインは意中の相手の一人(笑)Mikeに付きまとうflirty な南部ガール、Shawna Lee。よりによって主人公のHannahの通りの真向かい(だったと思う)にベーカリーをオープンし、忠実だと思っていたLake Edenの住民たちは寄ってこぞってShawna Leeのお店に押しかけHannahのカフェ、The Cookie Jar はお客が激減。存続も怪しい状態に追い込まれます。

Hannahにとってさらに癪に障るのはShawna LeeとMikeの関係。Shawna LeeはなんとMikeと同じアパート(部屋は違うけど)に住み、MikeはやたらとShawna Leeの世話を焼きます。まさに at her beck and callという感じ。MikeはShawnaとはそういう関係ではないと否定し続けますが傍から見てるとそうには見えない。Shawnaのいるところ常にMikeの姿あり、という感じの状況。Hannahのストレスレベルは順調に上昇中。

そんな中、HannahのカフェのパートナーであるLisaが結婚することになり、ライバルのShawna Leeもウェディングギフトとしてsignature dessert の Southern Peach Cobbler を持ってくることに。が、会場で待てど暮らせどShawnaは現れず。
レセプションの後カフェに戻ったHannahがコーヒーを飲みながらNormanが来るのを待っているとShawna Leeのベーカリーに明かりが灯っているのを発見。電話をするも返事が無いためベーカリーに様子を見に行ったHannahが見たものは。。。!

 

今回は前回と違ってちゃんと full-length novel だったのでまずは一安心w 正直、いつ前作のようにバッサリ話が終わってレシピだらけになるのかドキドキものでした笑

話のテーマとしてはShawna LeeとMikeを巡るHannahのやきもき加減と突如起きた殺人事件を巡るミステリー、といったところでしょうか。シリーズ2~3作目までは1冊につき殺人が2つくらいは起こってましたが(笑)最近は1作につき1事件に落ち着き、ペーストしてはちょっとゆっくり目。作品を追うごとにHannahの家族を巡るファミリードラマとか住民との関わりを描く部分が多くなって、ミステリー色が影を潜めつつあるかな、と印象も受けますがでもこの作品は面白かったです。

全体に占めるミステリー部分が少ない割に上手に全編に散りばめられていたと思いますしね。ちょっとインパクトに欠けるかな、という印象は受けましたが。まぁCozy-mystery なんでこの辺はお約束w

私がこのシリーズが好きなのはおそらくHannahのキャラクターにあると思います。あんまり見た目とか服装に気を配らないというかgirly-girl してないし媚も売らない。サバサバした性格でtactfulじゃないので思ったことはズケズケ口に出しちゃう。
そんなHannahなのでMike、Normanを巡るロマンス三角関係もベタベタ甘すぎず、でもほどよく tingling でいい感じなのです。正直これ以上甘すぎたら読めませんw 多分吐き気しそうになる(えええええ) 私ロマンスロマンスは嫌いなのですよ。ミーハーだしスーツ姿のjournalist とか弱いけどw←聞いてない

Joanne Flukeのユーモアにあふれたキビキビしたライティングもいい感じでサクサク読めちゃいます。やっぱり今んとここのシリーズが一番好きかなあ。

で、この作品でのもうひとつの目玉はDeloresとHannahがbonding し、というか母と娘のquality time 的シーンがあるところ。これは全くノーマークだったのでほっこりしました。その直前の犯人reveal シーンは「ちょっとやりすぎやろw」と引いた部分はありましたが。

全般的には好印象のこの本ですが、文句なし!という感じではありません。
個人的にはラストは「なんだかなぁ」と一言物申したい気分ではあります。
なんかこう、ペース的にせかせかしてるというか展開が急なんですよ。なんで本作中「Mikeがあーしてた、こうしてた」みたいな噂話でしか登場しなかったも同然のMikeがラストでいきなりああいう行動に出たのか?
そしてそれを受けてNormanのあの行動も、「はぁ???」という感じ。読者を釘付けにしてやろうとCliff hanger ぶち込んできた感がありありで、ちょーっと私は引きましたね。まぁその手にまんまとハマって今次作を読んでますが。。。

★としては3.5。面白かったのでまぁこんな感じで。

 

First of all, I'm relieved to find this is a full novel as opposed to the previous book which the recipes accounted for roughly 30 percent of the book.
This book picks up nicely where we left off in the previous book; the advent of a competitor for Hannah was the least expected, but it added a lot of intrigues to the story in my eyes.

Although I got the feeling the family drama part kept getting longer and longer with each installment and somewhat outshining the mystery element, this book is still such a delight to read, with so many things happening and so many elements rolled into one. The love triangle, the jealously, the quandary that challenges Hannah in terms of her business... it was a tad slow-paced, but the mystery is well-composed and spread out throughout the book, and the newly added characters worked really well with this book, keeping the readers in suspense until the very close to the end. Not to mention the witty writing I adore so much.

I simply love the humor sprinkled throughout this book. This book does have some romantic elements, but it's not too sugary nor ghastly saccharine. A perfect balance at least for me. I probably woulnd't be able to tolerate any sweeter romance in any kind of mystery books. I bet Hannah's character arc plays a huge role in this. Pretty delectable. I totally enjoyed that.

What I particularly like about this book is the "mother and daughter" time that Delores and Hannah have in the end. Delores's dejection is heartfelt and Hannah is doing her best to comfort her, trying to be gentle with her and it had a good vibe throughout. I was glad that Hannah and Delores get bonded a bit better in this book.

The ending, the wrap-up felt a bit too long for me as a matter of fact, and the twist that arrives in the very end is surprising for sure, yet felt a teeny bit hasty and contrived as though it was added just to throw the readers in astray and make them thirst for more. I can't deny it's a great surprise factor though.

As this book ends with a huge twist which I wasn't particularly expected, I might as well pick up the next book which I conveniently have right here on my shelf and see what happens next!