Buried Deep in Books

洋書と英語についてつれづれと語るブログです。超個人的な感想文載せてます。

#英語ネタ 完全自己流英語勉強法:1日のスケジュール&教材ちょろっと

Twitterのおおぐし先生のおかげでアクセスがぐんと伸びております。おおぐしさん、ご紹介本当にありがとうございます!

twitter.com

で、今日はまたしても学習ネタで、私が1日どんな風にして英語を勉強、というか触れてきたかをご紹介したいと思います。
一生懸命頑張っていた頃についての記憶はすでに怪しいので(遠い目)うろ覚えですが、併せて使ってきた素材や教材の紹介もちょろっと織り込みたいと思います。

まずは大体1日に何時間英語に触れている(きた)かを載せてみます。

 

f:id:noririn148:20190220092339p:plain

平日は大体5時間をベンチマークにしていて、これを下ると「ちょっと少なすぎじゃね?」と危機感を感じます笑
てか週末なのに9時間未満って少なすぎじゃないかという危機感もあるのは気のせいでしょうかw サボりすぎやねん、自分ww

話を元に戻し、次はタイムテーブル&大体やっていることを書いてみます。
()内は熱心だったころにやっていたこと、カッコの外は今やっていることです。

  • 6:00 起床。30分ほど洋書読書か英文記事を読む(語彙タイピング練習)
  • 6:30~ 7:10 身支度しながらリスニング

現在は abc News のThe Briefing Room(20~30分くらい)とかNPRのMorning Edition を聞いたりしますが、以前は ラジオ英会話かBBC Learning English の The English We Speak, 6 Minute English, Words in the News (今はもうタイトル変わってるかも)を聞いてました。


  • 7:20~ この時間帯は通勤中です。大体25分かかるので、その間はNews Podcastを中心に聴きます(引き続きラジオ英会話、BBC Learning EnglishtやBetter at English その他素材をリスニングしたりシャドーイングしてました)。
  • 8:30 ~ 始業前に10~15分間ほど英文記事(ニュースが多い)を読みます。
  • 10:10~10:15 & 仕事に余裕が有るときw:語彙関係。語彙はかつてはiKnow!(有料ですが)やってましたよー。
  • 12:00~ ランチタイム。オンラインでニュース記事を読みます。よく利用するサイトはJapan Todayが多いかな。残り半分は洋書読書に費やしたいので短めの記事をサクッと読めるJapan Today、海外ニュースを知りたいときは購読しているので

    www.washingtonpost.com

    www.nytimes.com

    のいずれかを読みます。ただ、後者2サイトの記事は1本がむっちゃ長いので時間を取られることを覚悟の上どうぞw(初心者~中級者の頃はThe Asahi Weekly :日英新聞を購読し、それを昼休みに読んでました)
  • 15:00~15:15 記事読みか語彙。
  • 18:00~ 退社。帰宅中にも朝と同様、ニュース系のPodcastを聞くことが多いです(通勤中と同じ素材を聴きます)。
  • 帰宅後、1時間程度:ごはんを作りながら&食べながら引き続きPodcast を消化したり、YouTube動画を見ます。YouTube動画はこれまたニュース系かsubscribe しているネイティブの動画が多いです。(過去:引き続きBBC Learning English かBetter at English とかその他リスニング素材を中心に聴いていました)。YouTubeのチャンネルとしては下のチャンネルを見ることが多いです。

     

  • これ以降の時間割は正直不明なのでw やっていることを羅列します。

★現在

こんなところです。PBS News Hour は1本が長い(50分以上ある)ので大概途中で寝落ちしそうになりますw

  • 洋書を読む:少しずつでもいいから洋書を読む時間を作ります。大体30分程度でしょうか。集中力と気が乗れば1時間くらい読むことも。
  • 動画にイマイチ面白いのがなければ、NPRなどを聴きます。大体ここまでこなしたら寝落ちしてますw

★過去

  • English Grammar In Use (Intermediate)で文法。 

    こちらは私の文法力(って全然大したことはないけどw)を築き上げてくれた、私が最後までたどりつき、複数回回した唯一の文法書です。全編英語で書かれていますが、例文、質問全てにおいて使えるフレーズが詰め込まれているので超絶おすすめです。日本語の文法書、特に文法用語が理解できない人にも激おすすめ!私は解説、例文、問題全てを音読しながら毎日4ユニットやってました。(あの頃の自分はどこに行ったんだ。。。←遠い目)。累計でこちらは4サイクルしました。

  • 瞬間英作文 
    どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

    どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

     

    この青い本しかやってませんが、おそらく10回くらいはこなしたと思います。先日もAnkiにデッキを入れ、11回目が終わったところです。やっぱりこれをすると瞬発力が身につくと思います。忘れた頃に引っ張り出してきて磨き直す、という使い方ができるので初心者から上級者までおすすめ。

  • 洋書を読む(ええ、この頃からちまちま読んでましたよ。ジャンルは児童書から大人向けchick-lit まで色々)
  • 基本しっかりお勉強をしていたときはリスニング、シャドーイング、または日英新聞を読む、が基本だったので当時私が使っていた教材や素材のいくつかをご紹介して終わりにしたいと思います。

     

    AFN/VOAニュースフラッシュ2013年度版 (<CD>)

    AFN/VOAニュースフラッシュ2013年度版 ()

     

    このシリーズはおすすめです。ぶっちゃけ言うと2014年版からはAFN(海軍さん向けの放送なのでスピード感半端ない)がなくなってVOAだけになったので歯ごたえとスリル感(なんやねんw)に欠けますが、これは2011~2014年度版まで全て買って聞いてました。それこそお掃除する時間とかちょっとしたスキマ時間にもイヤホン突っ込んで聞いている感じです。

  • これはもう絶版なので、中古品でしか手に入らないと思われますが、こちら実はおすすめです。後半に行くにしたがい会話がよりナチュラルになっていく作りになっていて、初心者から上級者までカバーできます。  

  • AFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメント

    AFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメント

     

    こちらもおすすめですが、ネイティブ向けなのでupper intermediate ~ upper レベルの方におすすめかな。要はこれは短いCM集のようなものです。

     

    CD付 英語で伝えたい ふつうの日本

    CD付 英語で伝えたい ふつうの日本

     

    日本のことについて知識を得つつ同時にリスニングも、という方はこちらがおすすめ。ただ音声のナレーションスピードがゆっくり目なので、上級者さんには確実に遅く感じると思います。アプリか何かを使って速度調整したほうが歯ごたえがあるかと。 

     

  • こちらの雑誌も1年半くらい購読しました。ちなみに私は特集物は音声とスクリプトだけ利用して日本語によるhow to 関係の記事は一切読んでませんでした(ごめんなさいw)。インタビュー3本及びその他ニュース、エッセイ、チャット関係のリスニング、シャドーイングでおもに利用しました。

 

ホントはまだまだありますが、こんな感じです。ご覧になってお分かりと思いますが、あんまり勉強らしい勉強はしてませんし、いわゆる「英語学習法」関連の本は一切買ってもないし読んでもいません。どちらかというと英語に数多く触れることで「英語の感覚」をつかみとり、身に付けること、そっちの方に重点をおいています。
よって日本語で書かれた英語の本はまず買いませんww 英語学んでるのに日本語読んだら時間のムダのような気がするので←ひねくれもの。それよりも、多少苦労して単語を沢山引くハメになっても、英語のまま食らいつきます。だって、そうやって頑張って読もうとしている時間も英語時間になるし、英語の勉強になりますから。

もちろん、読む、聴く、いずれにしても段階を踏んでいくことが大前提です。チャレンジしてみて「あ、難しいな」と思えば迷わずレベルを落とします。プライドもクソもありませんw その場合は基礎に戻って這い上がっていく、そんな感じですしそれが一番大事と思っています。

 

以上です!参考になったりお役に立てたら幸いです♫

 

次は洋書ポストで。。。お会いしたい、なwww