Buried Deep in Books

洋書と英語についてつれづれと語るブログです。超個人的な感想文載せてます。

Sugar Cookie Murder 読了

ちまちまといろんな本に浮気しながら読んでいたこちら。昨日無事に読了致しました。

Sugar Cookie Murder (Hannah Swensen series Book 6) (English Edition)

Sugar Cookie Murder (Hannah Swensen series Book 6) (English Edition)

 

こちらはシリーズ6作目で、前作を読み終えてから結構間が空いたのでキャラクターの相関関係とかが曖昧な点もありましたが、正直言って主要人物だけ抑えておいたらなんとかなります。Joanne Flukeの巧さとでも言いましょうか、さりげなく「あ、このキャラは確かこういう繋がりがあったよね」と思い出させるような描写がちらほら盛り込まれており、特段の苦労も無く読み進めることができました。

<あらすじ>

毎年恒例のLake Eden Christmas Dinnerの準備に大忙しのHannah。Cook Book の編集やレシピ集めの関係もあり、忙しさはさらに倍増。意中の男性の一人、刑事のMikeの周りには最近目障りな女性が登場し、満更でもないMikeの態度にヤキモチを焼くHannah。仕返しに大量のチリペッパーをいれたブラウニーを焼いたりと、まぁ忙しくも平和な日々。

Christmas Dinnerの当日、大勢訪れたゲスト達にも提供した料理たちは好評を博すが、天候は悪化し猛吹雪に。さらにはまさかの殺人事件が起きてしまう。

犯人がまだ会場内にいる可能性がぬぐい去れないため、事件が起きたことは内密にしつつも吹雪を口実に会場を封鎖するMike。Hannah、Andrea,そしてMichelle とNormanをも巻き込んだ犯人探しが始まる。

 

ストーリーとしてはざっくりこんな感じで、お決まりのミステリーとHannah, Norman, そしてMikeの三角関係、さらには登場人物間の人間関係のもつれとか色々まぁ盛りだくさんです。ライティングも分かりやすくキビキビ進むし、ユーモアが散りばめてあってサクサク読めます。

 

が。

 

が、です。

 

この本には正直裏切られました笑

いや、ストーリー自体は面白いんですよ。ミステリーについてはちょっとあっさりしすぎかなぁと思いはしましたが、犯人探しの過程に上手くMikeとHannahとのぶつかり合いとかいざこざ的なものが盛り込んであってグイグイ引っ張られて読めてしまう。
さらにAndreaを巡るファミリードラマ部分もあって、内容的には満足です。

が。

後半30~40%くらいがストーリー中出てきた料理やデザートのレシピの羅列とは誰が想像したでしょうかww

そうなんですよ。小説部分は68%くらいで終わるんです。のこり32%くらいは全部レシピw 前菜からデザートまでが延々と続きます。正直「マジか」と思いましたw

なのでお手に取られる方はそのへんお含み置きの上お読み下さいw

短いからってすっとばすと今度は Peach Cobbler Murder との繋がりが一瞬「へ?」っとなるしなぁ。。。悔しいけど読んでおいたほうが内容が理解しやすいと思います。
私は不完全燃焼だったので当然続けて今 Peach Cobbler Murder 読んでます笑 こちらも面白そうですよー。のっけから色々あって。

ということで、★的には「裏切られた」で3つですが、ストーリー的にはほのぼの感があってクリスマス時期おすすめかな。

さて、恒例の英文感想文です。今回はさくっと短いですよw

 

I enjoyed the story itself, but little did I imagine that the actual story would be THIS short and the rest 30% would be spent listing up all the recipes of what supposedly appeared in this book. I hate to say this but I couldn't help but feel a bit cheated. I wasn't expecting this.

Nonetheless, as I mentioned earlier, the story itself is well-written. The pacing is brisk, crisp and clear. Entertaining, heart-warming, and it gives you a cozy, festive cheer. A perfect read for Christmas time, I can vouch for that.

The love triangle between Mike, Hannah, and Norman doesn't seem to develop much, but I saw a stark contrast in the personality traits of the two men - Mike and Norman, and I found it very interesting. I liked how the fiery side of Mike's nature being accentuated in this book whereas Norman was portrayed as stable as a calming sea; collected, generous, and dependable. I wonder which man Hannah eventually picks.

Story-wise, I am not sure if it's because of its brevity, but I felt the mystery part inevitably wasn't up to par.
No mistake, it was good; I totally enjoyed Hannah, Andrea, and Michelle's little investigation and the whole process of nailing down the suspect (not to mention the fiery fistfight between two key characters), but I couldn't help but feel it was a bit underwhelming in my eyes.

Regardless, I seem to have fallen in love with the series itself no matter how much space of a book is spent on things that are inconsequential and are not directly relevant to the story -- I've already got the next book in the series!
I think I'll just go ahead right in the book and see if it sates my thirst for more.